お知らせ・販売者向け情報提供

お知らせ(販売者向け)

「濫用等のおそれのある医薬品」の適正販売に向けた販売者向けのガイドラインと関係団体等に向けた提言」について(情報提供)

「濫用等のおそれのある医薬品」としては、令和2年3月 31 日時点では以下の6成分を含む医薬品が厚生労働大臣により指定されています。

・エフェドリン
・コデイン(鎮咳去痰薬に限る。)
・ジヒドロコデイン(鎮咳去痰薬に限る。)
・ブロムワレリル尿素
・プソイドエフェドリン
・メチルエフェドリン(鎮咳去痰薬のうち、内用液剤に限る。)

これらの医薬品の適正販売をより一層推進し、これらの医薬品の濫用を防止するためには購入者に対する丁寧な声掛け、説明が何よりも重要であるが、その他の参考となる取り組みとして、各薬局・店舗販売業等で有効と考えられるものを以下にまとめられています。

 

詳細に付いては、こちらへ・・・

「濫用等のおそれのある医薬品」の適正販売に向けた販売者向けのガイドラインと関係団体等に向けた提言

参考資料
濫用等のおそれのある市販薬の適正使用について

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年9月18日 | カテゴリー : 1 お知らせ | 投稿者 : naka