けやき台祭り

◎けやき台祭り
「配置薬PRイベント」
月 日  平成30年11月18日(日)
時 間  午前9時~午後2時
場 所  けやき台中央児童公園
11111(水戸市けやき台1丁目63)
参加者  5人

協会事務所が所在する水戸市けやき台において、けやき台自治会が主催する秋祭りに参加いたしました。
地域住民との交流をはかるため、小さな子供たちに向けてダーツゲームやボール掬いゲームを開催!
親子ともに歓喜溢れる楽しいゲーム大会となりました。
また、血圧計を設置し、血圧に関する疑問や高血圧症の予防法など、セルフメディケーションの推進に努めることができました。
その他、薬物乱用防止街頭キャンペーンなどが行われました。

 


 


 

いばらきのくすり展

◎第40回 いばらきのくすり展
「配置薬PR活動」

月 日  平成30年10月20日(土)・21日(日)
時 間  午前10時~午後4時
場 所  イオンモールつくば 3階イオンホール、ブリッジ
11111(つくば市稲岡66-1)
参加者  2日間延べ6人

 毎年10月17日か ら10月23日までの1週間は、「薬と健康の週間」です。この期間は、医薬品を正しく使用することの大切さ、そのために薬剤師が果たす役割の大切さを一人でも多くの方に知ってもらうために、積極的な啓発行動が全国的に行われます。
 本県でも、「薬と健康の週間」の事業の一環として、「いばらきのくすり展」が開催され、県内の製造所で生産される医薬品、医薬部外品、化粧品などが紹介されました。

当協会では、昔懐かしい小袋(パッケージ)や、売薬の歴史を著わすパネルを展示! また、血圧測定コーナーやサプリメントの展示・試供品の配布、紙風船などを配布しながら配置薬のPRに努めました。

 

【配置協会ブースの様子】

 


【会場の様子】

 


【配置協会の仮面ライダー1号は、他ブースとの交流も積極的におこなっておりました!】

 

古河関東ド・マンナカ祭り

◎古河関東ド・マンナカ祭り
「配置薬PRイベント」
「県民講座」
月 日  平成30年10月13日(土)・14日(日)
時 間  13日:午前9時~午後5時
1111114日:午前9時~午後3時30分
場 所  古河市中央運動公園
11111(古河市下大野2528)
参加者  二日間延べ10人

『薬と健康の週間』に先立ち、配置薬のPR活動及び薬物乱用防止啓発活動を『古河関東ド・マンナカ祭り』にて開催いたしました。

【県民講座】
受講者 42名

県民講座では、『食べ物の大切さと栄養について』、射的ゲームを通じて子供たちと楽しくお話をすることが出来ました。

食べ物の好き嫌いをなくして栄養の偏りをなくしたり、不規則な食事を減らして3度の食事をシッカリとるなど、バランスの良い食事をとることは、心と体の健康を維持することに繋がります。

協会員らは、子供たちや父母らと、食育について熱心にお話をしていました。

 

「配置薬PR活動」

配置薬のPR活動では、富山・奈良・滋賀など各生産県のパンフレットや紙風船を配布しながら、配置薬メーカーの扱う商品の特徴や配置薬の利便性について、熱心に話しかけていました。

 

 

 

薬と健康の週間(けやき台祭り)

◎けやき台秋祭り
「配置薬PRイベント」

月 日  平成29年11月19日(日)
時 間  午前10時~午後2時
場 所  けやき台中央児童公園
11111(水戸市けやき台1丁目63)
参加者  6人

協会事務所が所在する水戸市けやき台において、けやき台自治会が主催する秋祭りに参加いたしました。
地域住民との交流をはかるため、小さな子供たちに向けてダーツゲームを開催!
親子ともに歓喜溢れる楽しいゲーム大会となりました。

また、血圧計を設置し、血圧に関する疑問や高血圧症の予防法など、セルフメディケーションの推進に努めることができました。

その他、薬物乱用防止街頭キャンペーン・アンケート調査などが行われました。

 

ダーツゲームの様子

 

◎薬物乱用防止街頭キャンペーンの様子

 

◎血圧測定会

 

◎会場の様子


 

薬と健康の週間(いばらきのくすり展)

◎第39回 いばらきのくすり展
「配置薬PR活動」

月 日  平成29年10月21日(土)・22日(日)
時 間  午前10時~午後4時
場 所  イオンモールつくば 3階イオンホール、ブリッジ
11111(つくば市稲岡66-1)
参加者  2日間延べ10人

 毎年10月17日か  ら10月23日までの1週間は、「薬と健康の週間」です。この期間は、医薬品を正しく使用することの大切さ、そのために薬剤師が果たす役割の大切さを一人でも多くの方に知ってもらうために、積極的な啓発行動が全国的に行われます。
  本県でも、「薬と健康の週間」の事業の一環として、「いばらきのくすり展」が開催され、県内の製造所で生産される医薬品、医薬部外品、化粧品などが紹介されました。

当協会では、昔懐かしい小袋(パッケージ)や、売薬の歴史を著わすパネルを展示! また、血圧測定コーナーやサプリメントの展示・試供品の配布、アンケート調査などをして配置薬のPRに努めました。

来場者からは、小袋(パッケージ)を懐かしむ声が多く聞、また、世界無形文化遺産への関心も多く寄せられました。

  

 

「アンケート調査」を行いながら、配置薬の利便性をアピールするとともにセルフメディケーションの大切さを説いていました。

 

 

 

「血圧測定コーナー」では、血圧に関する質問が多く寄せられました。

 


◆平成29年度 薬事功労者厚生労働大臣表彰

日 時  平成29年10月20日(金)
場 所  厚生労働省講堂(中央合同庁舎第5号館低層棟2階)

薬事功労者厚生労働大臣表彰は、多年にわたり薬事関係事業の発展向上に貢献し、薬事行政の推進に顕著な功績があった者及び団体に対して、厚生労働大臣がその功績をたたえ、その功労に報いるとともに、薬事行政の推進に寄与することを目的として表彰されるものです。

受賞者

公益社団法人 茨城県医薬品配置協会

協会理事 西村 秀雄 氏


◆平成29年度「薬と健康の週間」に係る薬事功労者表彰式

「薬と健康の週間」に伴い、薬事功労者に対して、表彰状を贈呈するため、下記のとおり表彰式が開催されました。

月 日  平成29年10月21日(土)
場 所  イオンモールつくば

この表彰は、薬事衛生の向上に顕著な功績があった薬剤師や医薬品の製造及び販売に携わる方等を表彰するものです。

 

受賞者

公益社団法人 茨城県医薬品配置協会

山田 敏雄 氏 (県北ブロック 理事)

米原 英樹 氏 (県南ブロック 理事)

 


 

薬と健康の週間(古河関東ド・マンナカ祭り)

 ◎古河関東ド・マンナカ祭り
「配置薬PRイベント」

『関東のおへそ』にふさわしく始まった老若男女全員集合のお祭です。関東ド・マンナカおどりをはじめ、ダンスやみこし・山車・民俗芸能等もあり、“楽しく・おいしく・にぎやか”な祭です。また、市内の事業所約100店が出店し、会場内は大勢の人で大変にぎわいます。

 

月 日  平成29年10月14日(土)・15日(日)
時 間  14日:午前9時~午後5時
1111115日:午前9時~午後3時30分
場 所  古河市中央運動公園
11111(古河市下大野2528)
参加者  二日間延べ10人

 

『薬と健康の週間』に先立ち、配置薬のPR活動及び薬物乱用防止啓発活動を『古河関東ド・マンナカ祭り』にて開催いたしました。

 

【県民講座】

受講者 54名

目や五臓六腑の位置や働きを知ってもらうため、輪投げゲームを通じて子供たちと楽しくお話をしながらの県民講座となりました。また、父母等からたくさんの健康に関する質問が寄せられ、その予防法や対処の仕方など丁寧に説明していました。講師からは、「置き薬は、昔からこのようなお話をしながら各家庭を回り、その家々の健康を守っています。」と言った置き薬の利便性についてのお話もありました。

 

 


 

薬と健康の週間(けやき台秋祭り)

◎けやき台秋祭り

「配置薬PRイベント」

 

月 日  平成28年11月27日(日)

時 間  午前10時~午後2時

場 所  けやき台中央児童公園

11111(水戸市けやき台1丁目63)

参加者  7人

 

2016_11_27_01

 

協会事務所が所在する水戸市けやき台において、けやき台自治会が主催する秋祭りに参加いたしました。

地域住民との交流をはかるため、小さな子供たちに向けてダーツゲームを開催!

親子ともに歓喜溢れる楽しいゲーム大会となりました。

また、配置薬に関するアンケート調査を行いながら、配置薬のPRに努めました。

 

ダーツゲームの模様

2016_11_27_04 2016_11_27_05

2016_11_27_02

 

アンケート調査の実施

2016_11_27_03


薬と健康の週間(いばらきのくすり展)

◎第38回 いばらきのくすり展

「配置薬PR活動」

 

月 日  平成28年10月22日(土)・23日(日)

時 間  午前10時~午後4時

場 所  イオンモール水戸内原2Fイオンホール

11111(水戸市内原2丁目1番地)

参加者  2日間延べ10人

 

 

年10月17日から10月23日までの1週間は、「薬と健康の週間」です。この期間は、医薬品を正しく使用することの大切さ、そのために薬剤師が果たす役割の大切さを一人でも多くの方に知ってもらうために、積極的な啓発活動が全国的に行われます。

茨城県でも、「薬と健康の週間」の事業の一環として、「いばらきのくすり展」が開催され、県内の製造所で生産される医薬品、医薬部外品、化粧品などが紹介されるとともに、薬に関する理解を深めるクイズラリーや調剤体験などが行われました。

 

当協会では、昔懐かしい小袋(パッケージ)や、売薬の歴史を著わすパネルを展示! また、血圧測定コーナーやサプリメントの展示・試供品の配布、アンケート調査などをして配置薬のPRに努めました。

 

 

来場者からは、小袋(パッケージ)を懐かしむ声が多く聞かれました。

img_0641 img_0642

 

 

「血圧測定コーナー」では、血圧に関する質問が多く寄せられ 担当者は対応に追われていました

img_0697

 

 

「アンケート調査」を行いながら、配置薬の利便性をアピールするとともにセルフメディケーションの大切さを説いていました。

20161022_112006 20161022_112152 20161022_112358 20161022_132120

 


◆平成28年度 薬事功労者厚生労働大臣表彰

日 時  平成28年10月21日(金)

場 所  厚生労働省講堂(中央合同庁舎第5号館低層棟2階)

 

薬事功労者厚生労働大臣表彰は、多年にわたり薬事関係事業の発展向上に貢献し、薬事行政の推進に顕著な功績があった者及び団体に対して、厚生労働大臣がその功績をたたえ、その功労に報いるとともに、薬事行政の推進に寄与することを目的として表彰されるものです。

kawawa_hyosyo_01 kawawa_hyosyo_02

受賞者

公益社団法人 茨城県医薬品配置協会

副会長 川和 清二 氏

 


◆平成28年度「薬と健康の週間」に係る薬事功労者表彰式

「薬と健康の週間」に伴い、薬事功労者に対して、表彰状を贈呈するため、下記のとおり表彰式が開催されました。

 

月 日  平成28年10月22日(土)

場 所  水戸市内原商工会館

 

この表彰は、薬事衛生の向上に顕著な功績があった薬剤師や医薬品の製造及び販売に携わる方等を表彰するものです。

dsc_0113

受賞者(写真右より)

公益社団法人 茨城県医薬品配置協会

川本 寿夫 氏 (理事・県北ブロック長)

吉田 成寿 氏 (理事・県西ブロック長)

高野 宏利 氏 (県北ブロック理事)

中林 忠広 氏 (理事・県南ブロック長)

 


◆薬事衛生功労者水戸保健所長表彰

月 日  平成28年9月14日(水)

場 所  水戸保健所内

 

薬事衛生の向上に顕著な功績があった方等を表彰するものです。

hamanaka_hyosyo

受賞者

公益社団法人 茨城県医薬品配置協会

監事 濱中 秀樹 氏

 


 

薬と健康の週間(商工まつり)

◎さわやかフェア2016

「配置薬PRイベント」

 

さわやかフェアは、町の健康・福祉・環境・産業・交通・防犯等および町社会福祉協議会・町シルバー人材センターの事業PRイベントです。今回も町商工会主催『商工まつり』、県立医療大学の学園祭『創療祭』と同時開催になります。3つのイベントが行われ、楽しい催しが盛りだくさんです

 

月 日  平成28年10月23日(日)

時 間  午前9時~午後3時

場 所  総合保健福祉会館さわやかセンター

11111(稲敷郡阿見町阿見4671‐1)

参加者  7名

 

『薬と健康の週間』にともない、配置薬のPR活動及び薬物乱用防止啓発活動を『さわやかフェア2016 商工まつり』会場にて開催いたしました。

dsc_0126

dsc_0125 dsc_0131

 

小さな子供たちには、ヨーヨー釣り大会を実施!

img_0666 img_0662

img_0663 img_0679  

 

 

配置薬メーカーの扱う商品を説明しながら、配置薬の利便性や健康相談など・・・

配置薬のPRに努めることができました。

img_0677 img_0686

 

 

会場の様子

img_0684 img_0669

dsc_0133 dsc_0128

 


 

薬と健康の週間(さわやかフェア2016)

◎さわやかフェア2016

「麻薬・覚せい剤乱用防止運動」

 

さわやかフェアは、町の健康・福祉・環境・産業・交通・防犯等および町社会福祉協議会・町シルバー人材センターの事業PRイベントです。今回も町商工会主催『商工まつり』、県立医療大学の学園祭『創療祭』と同時開催になります。3つのイベントが行われ、楽しい催しが盛りだくさんです。

 

月 日  平成28年10月23日(日)

時 間  午前10時~正午

場 所  総合保健福祉会館さわやかセンター

11111(稲敷郡阿見町阿見4671‐1)

参加者  2名

 

土浦保健所が主催する「麻薬・覚せい剤乱用防止運動」に参加し、啓発資材の他、ゴム風船を小さな子供達に手渡しながら 若い世代のご夫婦や若者・学生らに麻薬・覚せい剤乱用防止啓発活動を行いました。

 

img_0658 img_0659