献血啓蒙活動(県北ブロック)

◎クリスマス献血

月 日  平成29年12月10日(日)
時 間  午前10時~午後4時
場 所  水戸献血ルームMEET
11111(水戸市宮町1‐7‐31エクセルみなみ6F))

参加者  2名

 

◎献血結果
献血申込者・・・・120名
献血実施者・・・・110名
・200ml・・・  2名
・400ml・・・ 41名
・成分献血・・・・・67名
不適格者・・・・・・10名

 


 

献血啓蒙活動(県西ブロック)

◎献血推進デー

月 日  平成29年12月6日(水)
時 間  午前10時~午後4時
場 所  水戸献血ルームMEET
11111(水戸市宮町1‐7‐31エクセルみなみ6F)
参加者  2名

 

 

◎献血結果
献血申込者    60名
献血実施者    57名
・200ml    3名
・400ml   24名
・成分献血    30名
不適格者      3名

 


 

薬と健康の週間(けやき台祭り)

◎けやき台秋祭り
「配置薬PRイベント」

月 日  平成29年11月19日(日)
時 間  午前10時~午後2時
場 所  けやき台中央児童公園
11111(水戸市けやき台1丁目63)
参加者  6人

協会事務所が所在する水戸市けやき台において、けやき台自治会が主催する秋祭りに参加いたしました。
地域住民との交流をはかるため、小さな子供たちに向けてダーツゲームを開催!
親子ともに歓喜溢れる楽しいゲーム大会となりました。

また、血圧計を設置し、血圧に関する疑問や高血圧症の予防法など、セルフメディケーションの推進に努めることができました。

その他、薬物乱用防止街頭キャンペーン・アンケート調査などが行われました。

 

ダーツゲームの様子

 

◎薬物乱用防止街頭キャンペーンの様子

 

◎血圧測定会

 

◎会場の様子


 

薬と健康の週間(いばらきのくすり展)

◎第39回 いばらきのくすり展
「配置薬PR活動」

月 日  平成29年10月21日(土)・22日(日)
時 間  午前10時~午後4時
場 所  イオンモールつくば 3階イオンホール、ブリッジ
11111(つくば市稲岡66-1)
参加者  2日間延べ10人

 毎年10月17日か  ら10月23日までの1週間は、「薬と健康の週間」です。この期間は、医薬品を正しく使用することの大切さ、そのために薬剤師が果たす役割の大切さを一人でも多くの方に知ってもらうために、積極的な啓発行動が全国的に行われます。
  本県でも、「薬と健康の週間」の事業の一環として、「いばらきのくすり展」が開催され、県内の製造所で生産される医薬品、医薬部外品、化粧品などが紹介されました。

当協会では、昔懐かしい小袋(パッケージ)や、売薬の歴史を著わすパネルを展示! また、血圧測定コーナーやサプリメントの展示・試供品の配布、アンケート調査などをして配置薬のPRに努めました。

来場者からは、小袋(パッケージ)を懐かしむ声が多く聞、また、世界無形文化遺産への関心も多く寄せられました。

  

 

「アンケート調査」を行いながら、配置薬の利便性をアピールするとともにセルフメディケーションの大切さを説いていました。

 

 

 

「血圧測定コーナー」では、血圧に関する質問が多く寄せられました。

 


◆平成29年度 薬事功労者厚生労働大臣表彰

日 時  平成29年10月20日(金)
場 所  厚生労働省講堂(中央合同庁舎第5号館低層棟2階)

薬事功労者厚生労働大臣表彰は、多年にわたり薬事関係事業の発展向上に貢献し、薬事行政の推進に顕著な功績があった者及び団体に対して、厚生労働大臣がその功績をたたえ、その功労に報いるとともに、薬事行政の推進に寄与することを目的として表彰されるものです。

受賞者

公益社団法人 茨城県医薬品配置協会

協会理事 西村 秀雄 氏


◆平成29年度「薬と健康の週間」に係る薬事功労者表彰式

「薬と健康の週間」に伴い、薬事功労者に対して、表彰状を贈呈するため、下記のとおり表彰式が開催されました。

月 日  平成29年10月21日(土)
場 所  イオンモールつくば

この表彰は、薬事衛生の向上に顕著な功績があった薬剤師や医薬品の製造及び販売に携わる方等を表彰するものです。

 

受賞者

公益社団法人 茨城県医薬品配置協会

山田 敏雄 氏 (県北ブロック 理事)

米原 英樹 氏 (県南ブロック 理事)

 


 

薬と健康の週間(古河関東ド・マンナカ祭り)

 ◎古河関東ド・マンナカ祭り
「配置薬PRイベント」

『関東のおへそ』にふさわしく始まった老若男女全員集合のお祭です。関東ド・マンナカおどりをはじめ、ダンスやみこし・山車・民俗芸能等もあり、“楽しく・おいしく・にぎやか”な祭です。また、市内の事業所約100店が出店し、会場内は大勢の人で大変にぎわいます。

 

月 日  平成29年10月14日(土)・15日(日)
時 間  14日:午前9時~午後5時
1111115日:午前9時~午後3時30分
場 所  古河市中央運動公園
11111(古河市下大野2528)
参加者  二日間延べ10人

 

『薬と健康の週間』に先立ち、配置薬のPR活動及び薬物乱用防止啓発活動を『古河関東ド・マンナカ祭り』にて開催いたしました。

 

【県民講座】

受講者 54名

目や五臓六腑の位置や働きを知ってもらうため、輪投げゲームを通じて子供たちと楽しくお話をしながらの県民講座となりました。また、父母等からたくさんの健康に関する質問が寄せられ、その予防法や対処の仕方など丁寧に説明していました。講師からは、「置き薬は、昔からこのようなお話をしながら各家庭を回り、その家々の健康を守っています。」と言った置き薬の利便性についてのお話もありました。

 

 


 

お知らせ・第39回いばらきのくすり展の開催について

第39回いばらきのくすり展の開催について

 

毎年10月17日から10月23日までの1週間は、「薬と健康の週間」です。この期間は、医薬品を正しく使用することの大切さ、そのために薬剤師が果たす役割の大切さを一人でも多くの方に知ってもらうために、積極的な啓発行動が全国的に行われます。
茨城県でも、「薬と健康の週間」の事業の一環として、「いばらきのくすり展」を開催し、県内の製造所で生産される医薬品、医薬部外品、化粧品などを紹介するとともに、薬に関する理解を深めるクイズラリーや調剤体験などを行います。当協会でも、置き薬のPR活動をするとともに、アンケートにお答えいただいた方には粗品を進呈いたします。ぜひ、お寄りください!

詳細については、茨城県ホームページへ

 

日 時  10月21日(土曜日)・22日(日曜日)

・・・・・10時00分から16時00分

会 場  イオンモールつくば 3階イオンホール、ブリッジ

・・・・・つくば市稲岡66-1

お知らせ・第19回古河関東ド・マンナカ祭

第19回古河関東ド・マンナカ祭りを開催します。

 

『古河関東ド・マンナカ祭り』は毎年10月に地域産業の振興と民俗芸能の保存と伝承を目的として、開催するお祭りです。
イベント会場には市内で活動している飲食店、団体、企業や事業所などによる、約95の模擬店が出店を予定しており、おいしいものや楽しい催しがあるほか、ダンスなどのステージイベント、神輿・山車・民俗芸能等の催しもありますので、皆さまのご来場をお待ちしております。

古河市ホームページより抜粋

当協会でもイベントに参加し、豪華景品を用意した「ダーツゲーム」、体の働きなどがゲームをしながら自然に理解できる「輪投げゲーム」。その他、健康にまつわる商品の紹介や販売をおこなっています。ぜひご来場ください。

県民講座

◎既存配置販売業者の配置員の資質向上に関する研修

◎県民講座

月 日  平成29年9月26日(月)
時 間  午前9時30分~午前11時30分
場 所  茨城県市町村会館
11111水戸市笠原町978‐26

受講者  76名

 

テーマ  認知症サポーター養成講座

11111~認知症になっても安心して暮らせる街を目指して~

講 師  社会福祉法人 鳳凰会 特別養護老人ホーム フォレストヴィラ水戸
11111社会福祉士・介護支援専門員

11111副施設長 阿部 訓枝 先生

 

 


 

 

 

資質向上講習会

◎既存配置販売業者の配置員の資質向上に関する研修

月 日  平成29年9月26日(月)
時 間  午前9時30分~午前11時30分
場 所  茨城県市町村会館
11111水戸市笠原町978‐26
受講者  63名

 

テーマ  認知症サポーター養成講座
11111~認知症になっても安心して暮らせる街を目指して~
講 師  社会福祉法人 鳳凰会 特別養護老人ホーム フォレストヴィラ水戸
11111社会福祉士・介護支援専門員
11111副施設長 阿部 訓枝 先生

献血啓蒙活動(本部)

◎水戸まちなかフェスティバル
月 日  平成29年9月24日(日)
時 間  午前10時~午後3時
場 所  京成百貨店東口前
11111(水戸市泉町1-6-1)
参加者  4名

◎献血結果
献血申込者    32名
献血実施者    27名
・200ml     2名
・400ml   25名
不適格者       5名