あるとホ~ッとするおきぐすり

配置薬とは・・・

皆様のご家庭に薬箱を置かせていただき、使用した分だけお金をいただくシステムです。

まず、ご家庭を訪問して薬箱を置かせていただきます。
次回に訪問させていただいた時に、ご利用になった分だけの薬の代金をいただきます。
少なくなった薬やご希望の新しい薬を、箱に補充させていただきます。

いつも薬がそろっているという安心感・・・不意の病気やケガでも、すぐ使用できます。
真夜中に薬が無くて朝まで我慢することもありません。
しかも、使った分だけの料金をいただくという合理的でわかりやすいシステム!

日本の国だからこそできる♪

「先用後利」・・・先に用を行い、後から利を得る。

信用と信頼でつながる。思いやりのある精神。

セルフメディケーションの推進に貢献しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOPICS

「ダメ。ゼッタイ。」普及運動

令和元年度「ダメ。ゼッタイ。」普及運動
6・26ヤング街頭キャンペーン

麻薬・覚せい剤等の薬物乱用問題は依然として大きな社会問題であり、近年では、薬物乱用者の低年齢化など憂慮すべき状況にあります。このような状況に対応するため、茨城県では、県民一人ひとりの薬物乱用防止に対する意識の高揚のため、「ダメ。ゼッタイ。」普及運動が実施されています。

本年度も、「6.26国際麻薬乱用撲滅デー」に併せた薬物乱用防止キャンペーンが、県下一斉に実施されました。

 

詳細については、こちら


 

› 続きを読む